スポンサードリンク

こんにちは、tomoです。
今回はすでにタイトルで合格したと発表していますが、無事にアドセンスの審査に合格しましたので、
喜びを込めて500円で合格した記事作成の方法をお伝えしたいと思います。

今回作成した記事は全部で10記事。
最初に投稿をしてから10記事目を投稿するまでにかかった時間は7日です。

この7日、つまりは記事投稿を始めてちょうど1週間でGoogleAdsenseに合格した流れをお届けします。
これからアドセンスのサイト追加を考えている方はご参考ください。


アドセンス審査用記事を500円で集める方法


さて、さっそくですがGoogleAdsenseのサイト追加用の記事を500円で集める方法をご紹介します。

お察しの通り10記事で500円ですので、1記事50円ですね。
これを安いと考えるか高いと考えるかはあなた次第です。

僕はサイト審査用の記事にわざわざ時間をかけるのが嫌なタイプです。
どんな記事でも1500文字以上書こうと思ったらそれなりに時間がかかっちゃいますからね。

というわけで、1記事50円で記事を作る方法。
それは『記事作成の外注を使うこと』です。

外注の記事って他所からコピーされているか心配じゃないの?
とお考えの方もいると思います。

確かにコピーも心配なのですが、僕は下記の点に注意して募集をかけました。

・他所のコピーは絶対禁止
・「体験談」を中心に書いてもらう



本当、注意点はこれだけです。
これで1記事50円で1200文字くらいの募集をかけました。
50円×6記事=300円を2回募集かけましたので、かかったお金は実際は600円です。
でも、使った記事は10記事ですので500円というわけですね。
あまった記事は別の機会に使います。

募集をかけた直後から、そう時間がかからずに記事は集まりました。
体験談がベースの内容ですので、コピーされている箇所も比較的少なめです。
がっつりコピーの方を一人だけ非承認しましたが、あとはOKと判断しました。

そうして集めた記事に、冒頭のあいさつとラストの締めを追加して1500文字以上になるように調整です。
ここもそんなに時間をかけずに流れ作業的にやっつけました。

これが僕が500円でアドセンス審査用記事を作成した方法です。


アドセンス審査用記事の投稿




外注に最初に記事の募集をかけた後、記事が集まる度に本番用にメンテナンスを進めました。
1日でドンと10記事を投稿するよりも、1日~3日置きくらいに継続して記事投稿を進める方が良いからです。

というわけで、一番最初の記事が出来たのが2月14日でした。
それから1日ずつ1記事~2記事の投稿をしていきました。

そして10記事目を投稿したのが2月20日です。
でも、これでは1週間で10記事の投稿になります。
そのため投稿日をちょこっといじって、2月1日から1日置きに1記事投稿に調整しました。

これで2月20日にちょうど10記事目を投稿したように見せかけたわけです。
Googleさんはいつでも「継続」しているサイトがお好みですからね。

こうして10記事目を投稿したタイミングで、メンターさんにチェックを依頼。
すぐさまメンターさんがサイト全体をチェックしてくれました。

記事内容で使わない方がよいワードが一部あったのを指摘いただいたため、
その箇所をすぐに修正して再チェック依頼。

その後、メンターさんのGOサインが出ましたのでいよいよGoogleさんにサイト追加申請の実施です!



スポンサードリンク

GoogleAdsenseのサイト追加申請を実施した結果まとめ


まとめ

メンターさんのGOサインを頂き、満を持してGoogleAdsenseのサイト追加申請です!

実作業的にはサイト構築~10記事目の作成までにかかった日数は約半月
ドキドキしながらのサイト追加申請の実施です。

定時で速攻仕事を切り上げ、18時過ぎにサイト追加申請を行いました。
サイトの必須項目が足りていない場合、ほんの数分で否認のメールが届きます。

でも、今回は1時間経っても何の連絡も来ず、ソワソワした気持ちのまま過ごす事になりました。
調べてみると、早くて数時間~遅くて数週間も審査に時間がかかるらしい・・・

こんなソワソワした時間が何日もかかるは嫌だなぁ、
という気持ちのまま迎えたその日の晩。

夜中の2時50分くらいに合格通知メールが!



噂のポップコーンの画像ではなく普通の画像でした。
うーん、ちょっと残念。

でもサイト追加とは言え、合格するのって嬉しいですよね。
否認だった場合は再審査まで2週間ほど期間を開けないといけない、という話もありますので、
時間を無駄にしないためにも一発で合格して本当に良かったです。

これで3月から始まるコンサルの事前準備が整いました。

どのようなサイトに仕上げていくのかまだ決めていませんが、
そこはメンターさんと方向性を話し合って進めて行きたいと思います。

今回はGoogleアドセンスの審査用記事を500円で集める方法をご紹介しました。
もちろん、全部自分で記事を書いて頂いてもOKです。

僕のように審査用記事を外注に丸投げした場合でもアドセンスに合格できるんだ、
ということをご参考にしてください。
手間を極力かけずに楽していきたいですからね。


※2019/3/4追記
同様の手順で別の新規ドメインで6記事投稿の状態でサイト追加申請も合格しました。
これで300円でも合格可能ですね。
何記事から合格できるか更に検証を進めてみます。


以上、僕がアドセンスに500円で合格した方法でした。
スポンサードリンク