スポンサードリンク

Wordpressの各種設定を行いましたので、いよいよGoogle AdSenseの審査に向けての準備に入ります。

最初に軽く述べましたが、僕自身はすでにGoogleアドセンスのアカウントは持っていますので、
新規サイトの「サイト追加」の申請を行うことになります。

ただ、手順としてはGoogleアカウント取得も新規サイト追加も審査が必要なのは同じです。
そのため、新規アカウントを取得するつもりの心構えで取り組んでいきましょう。

それではGoogleアカウントの新規サイト追加に向けての備忘録を語ります。


Googleアカウントのサイト追加のに向けての準備


2018年10月よりGoogleアドセンスでサイト追加の際も審査が必要になったのは周知の事実です。
そのため、サイト追加の際もちゃんと所定のルールに従っての準備が必要となります。

それでは、メンターさんに言われた通りの準備を進めて行きましょう。
下記の項目が、メンターさんに指示された必要項目です。


・プライバシーポリシー
・運営者情報
・問合せフォーム
・サイトマップ
・プロフィール

これらの項目は審査の際の必須とされています。
場合によってはサイトマップとプロフィールは必要かどうか情報によってはマチマチですが、
プライバシーポリシーと運営者情報と問合せフォームは必須ですね。

というわけで、これらの項目を追加していきます。


Google AdSenseの審査に必須その1:プライバシーポリシー


まずはプライバシーポリシーの追加。
これはサイトが正しいポリシーに則っていますよ、と謳うものです。

作業としては固定ページにて、プライバシーポリシーの名前で新規作成します。
内容に関しては、メンターさんの会員向けページの例文をマルっとコピーして貼り付け!

作業時間にして、ほんの2,3分です。

これはどんなサイトを作るにしても必須事項ですね。
チャチャっと更新して完了です。


Google AdSenseの審査に必須その2:運営者情報


運営者情報は、「サイトのURL」「運営者の名前」「メールアドレス」と、
プライバシーポリシーへのリンクを貼ります。
運営者の名前は本名出なくても構いません。

作業としては、プライバシーポリシーと同様に固定ページにて、
運営者情報の名前で新規作成します。

こちらもメンターさんのページの例文をコピーして、
内容を自分のサイトのものに変更してから更新します。

こちらも作業時間にして、2,3分で完了。
さぁ、どんどん行きましょう。


Google AdSenseの審査に必須その3:問合せフォーム


問合せフォームは、WordpressプライグインのContact Form 7を使用して作ります。

Contact Form 7で新規作成し、そこに記載されたコードをコピーします。
次に固定ページで「お問い合わせ」を新規作成し、Contact Form 7でコピーしたコードを貼り付けます。

それで更新して完了です。
プラグインがあるのでこちらも簡単ですね。
作業もサクサクです。


Google AdSenseの審査に必須その4:サイトマップ


お次はサイトマップです。
これは訪問者がサイトの内容を巡回しやすいようにサイト全体の目次のようなものですね。

こちらもWordpressプラグインのPS Auto Sitemapを利用して作ります。

こちらはまず、固定ページにて「サイトマップ」の名前で新規作成します。
新規作成した際に、URLに割り振られたID番号をメモします。

そして、PS Auto Sitemapを新規作成し、固定ページのID番号を入力して保存します。
これで完了です。


Google AdSenseの審査に必須その5:プロフィール


プロフィールはその名の通り、サイト運営者のプロフィールです。

名前やどういったコンセプトでサイトを運営していくか、などを記載します。

こちらはメンターさんのページのサンプル文を応用して、
自分なりの表現で編集していきます。

尚、今回のGoogleアドセンスは「サイト追加の審査用」なので、
プロフィールに関しても審査が通った後は本来のものに変更します。
そのため、サイト追加の審査用の内容でプロフィールを作ります。

ここはちょっと考えながら文面を書いていったので、作業時間は15分くらいでしょうか。
そこまでこだわりを見せなくても良いので、追加用サイトの内容に沿ったプロフィールを設定しましょう。

これで5つの固定ページの追加完了です。


グローバルメニューとフッターの追加




次は上記で作成した固定ページをメニューに設定します。
グローバルメニューの設定に関しては、機会があれば別ページで紹介したいと思います。

今回はサクサクっと行くため、「メニュー」の設定からグローバルメニューを追加します。
グローバルメニューに設定するのは、「サイトマップ」と「プロフィール」ですね。
他には、サイト審査用に各カテゴリをグローバルメニューに追加します。

そして、フッターには「プライバシーポリシー」「運営者情報」「お問い合わせ」を追加します。
トップページには、各必須項目が上下に表示された状態になりますね。

これでGoogleアドセンスの審査に向けてのサイトの初期準備が完了です。

あとは記事を入れていくのみです!


スポンサードリンク

Google AdSenseの審査の必須項目準備まとめ


まとめ

今回はGoogleアドセンスのサイト追加に向けて必須項目の準備についてご紹介しました。

サイト追加の際には必須項目となりますので、
文面のひな型などを用意しておいて手早く準備ができるようにしておけば次のサイト追加の際に楽ですね。

準備自体はそこまで時間のかかる作業ではありません。
前回紹介しましたWordpressのテーマやプラグインの追加を実施した際に、
今回のアドセンス審査用の項目も1日でやってしまった方が良いでしょう。

というわけで、やっと記事を入れていく準備が整いました。
記事に関しては10記事以上との指示ですので、どんどん記事を作っていきましょう!

以上、Google AdSenseの審査準備でした。




スポンサードリンク