スポンサードリンク

個人コンサルが本格的に開始されるのが3月からとなります。

それまで、2月中は下記のことを課題として与えられました。

・Skypeのアカウント取得
・Googleアドセンスの取得

上記はアフィリエイトでのコンサルを受ける際にほぼ必須事項でしょう。

ただ、メンターさんとコンタクトを取る方法としては、
Skype、チャットワーク、Line、などいくつか方法があります。

今回のメンターさんは直接やり取りをするにはSkypeを利用するということですね。

それでは初日のコンサル実践に行ってみましょう。


Skypeアカウントを取得




先ほど言った通り、今回のメンターさんは個人とはSkypeでやり取りをします。

というわけでSkypeを入れるわけですが、
実は僕はすでにSkypeのアカウントを持っていたりします。

ここでSkypeアカウントの取得方法などをツラツラと説明しても良いのですが、
それくらいなら「Skype アカウント 作成」などでGoogle先生に訊いていただければすぐに見つかるでしょう。

というわけで、既存のSkypeアカウントからメンターさんへメッセージを送ってご挨拶。

これで一つ目の課題をクリア。
と言いますか、これは課題でもなんでもないですけどね。

コンサルにあたって必須なことなので、サクッと言っちゃいましょう。


Googleアドセンスの取得




さて、ここからが問題。

アフィリエイターにとって、最初の難関であるGoogleアドセンスの取得です。

Googleアドセンスとは簡単に言えば、自分のサイトに広告を載せて、
1クリックされるたびに数円~数十円の広告収入が入るといったものです。
中には1クリック数百円の広告のものもありますが、基本は20円~30円前後が一般的ですね。

トレンドサイトは基本的に1クリックの報酬がちょっと少なめになりがち。
美容系やクレジットなどの広告なら1クリックの単価が高めになるので、
これは自分のサイトの方向性で収益が変わってくるでしょう。


とりあえず、僕はすでにGoogleアドセンスのアカウントは持っていたりします。
けれども、2018年10月くらいにGoogleアドセンスの規約が変更となり、
Googleアドセンスのアカウントを持っていたとしても、1サイトずつの申し込み(審査)が必要になりました。
(以前はGoogleアドセンス審査用のサイトを作って審査さえ通れば、あとは本番用のサイトは無審査で追加出来ていました)

これは不正なGoogleアドセンス狩り(他人になりすまして不正クリックをさせてアカウントをはく奪させようという行為)を防いだり、
サイトごとに厳格に正当性を監査しようというGoogle側の方針による規約変更でしょう。

そんなわけで、すでにGoogleアドセンスのアカウントは持っているのですが、
新規サイトの作成に当たっては追加審査が必要なので、そこが第一の関門となります。

前置きが長くなりましたが、Googleアドセンスの追加審査に向けて進んでいきましょう!


スポンサードリンク

コンサル実践の事前準備まとめ




そんなわけで、新規一転でコンサルを受けるための事前準備を進めていくところです。

Skypeha一瞬で終了。
これからGoogleアドセンスの新規サイト審査に向けての構築に進んでいくところです。

既存のアカウントは持ってはいるのですが、そっちはそっち。
今回のコンサルに当たって、まっさらな状態からどれだけ作り上げていくことができるのか。

今、僕にあるのは今までの知識のみ。
まぁ、その知識があるおかげで事前準備はすぐに取り掛かることができました。
まずは記事作成に取り掛かるところまでサクッと進めたいと思います。

さて、次はサイトの構築ですね。

どんどん進めて行きましょう!
スポンサードリンク