アフィリエイト

ツイッターキング2をWindowsVPSで検証!コストや操作性も!

ツイッターと言えば、現在のSNSで最も普及しているアプリの一つですよね。

Twitter、Facebook、LINE、そしてインスタグラム。
多くの人々がこれらのアプリを利用しています。

その中でもTwitterは一般人だけでなく芸能人も多数利用者がおり、
フォロワー数がその人のステータスとも言えるような状態となっています。

フォロワー数が多い人ほど人気がある、戦闘力がある、
と言えます。

そんなTwitterのフォロワーを増やすためには、面白いことをツイートしたり、、
人気のツイートをリツイートしたりして読者を増やすしかありませんよね。

スマホを常にチェックして、フォローしてくれた人にフォロー返し。

最初は楽しいけれど、だんだんこの作業が嫌になってきます

そんなtwitterのフォロワーを簡単に増やすことが出来たら便利だと思いませんか?

そういったTwitterを活用している人にとっては夢のようなソフトが実はあるんです!

自動で面白いつぶやきをリツイートしたり、趣味の合うつぶやきをしている人を自動でフォローしたり。

そうこうしているうちに、自分自身もどんどんフォロワーが増えていくという素晴らしいソフトが、
ツイッターキング2なんです!

ツイッターキング2が、その名の通りツイッターソフトの王様ともいえる存在です!

こちらの画面をちょっとご覧ください。

実際私も使っているのですが、1週間で120ほどもフォロワーが増えているのがわかるかと思います!

これ、登録してからずっと放置しててこれだけの結果になっているんですよ!

とくに難しい設定をするわけでもなく、単純におまかせモードでほったらかしにしていただけです。

また、同時に10個前後のアカウントを登録することもできますので、
(凍結リスクを抑えるには、同時に登録するのは15個以下が望ましい)
仮に10アカウントを登録した場合、1週間で10×100で1000フォロワーの獲得も夢ではありません。

こうやってフォロワーを増やすことで、自分のブログを多くの人に見てもらったり、
自分のオススメする商品を紹介することで集客することもできるようになってきます!

このようにフォロワーを増やすことでビジネスにも繋げることができる夢のソフト、ツイッターキング2!

実行環境はWindowsが入っているパソコンです。

ただ、ツイッターキング2は、ツイッターアカウントの凍結を防ぐため、
メチャメチャ慎重にゆっくりとフォロワー獲得を処理していきます

そのため、おうちのパソコンでも動かすことは可能なのですが、
常時起動しておく必要があります。

私も最初はノートパソコンにツイッターキング2をインストールして使用していたのですが、
夏の暑い部屋の中でファンの音がヴォンヴォンなっている状態で起動しておくのがちょっと怖いと思っていました。

そこで思いついたのが、Windows VPS(仮想デスクトップ)をレンタルして、そこにツイッターキング2をインストールするというものです。

これなら家のパソコンを点けっぱなしにしなくて良いので、火事の心配もありませんし、
外出中でもリモートデスクトップでチェックすることもできます!

WindowsVPSも安さでいえば、さくらのVPS for Windows ServerのW768が、1,080円/月で利用することができます。
ただ、仮想CPUが2コア、メモリが768MBでディスク容量が30GB(SSD)とスペック面でちょっと心配があるというもの・・・

そこで私が選んだのが、「ABLENET」です。

「ABLENET」ではWin1プランで1,600円/月で利用でき、スペックは仮想CPUが2コア、メモリ1GBで容量が60GB(SSD)です。
でも、もうちょっと予算を足せば、Win2プランで2,077円/月でスペックは仮想CPUが3コア、メモリ2GBで容量が120GB(SSD)までスペックが上がります!

ちなみにツイッターキング2の推奨スペックでは、公式サイトではメモリ4GBと記載がありました。

そのため、2GBでもちょっと不安がありましたが、実際に「ABLENET」のWin2プランでツイッターキング2を導入したところ、
全く問題なく順調に動かすことができました。

こうして、私のツイッターフォロワー増加計画のスタートとなりました。

尚、Twitterのフォロワーを増やしたり、自動でツイートを行ったするためには、Twitter APIという技術を使っています。

そしてこのTwitter APIでは「User Streams API」という機能を使っているのですが、
この「User Streams API」が2018年8月16日に廃止されることが決まっています。

そして、新たに「Account Activity API」という技術が取り入れられることになります。

このように、ガラッとAPIの仕組みが変わることによって、Twitter関連のサードパーティのソフトが使えなくなってしまうという懸念が大きくあります。

尚、ツイッタキング2は月額版(2,980円/月)と、買い切り版(14,800円)があります。

長期間使うのであれば、買い切り版の方が総合的にコストを抑えられますよね。
ただ、ツイッターキング2では、買い切り版の方は大きなバージョンアップに対応していない、と言われています。

実際に私も、買い切り版が「Account Activity API」への対応のためバージョンアップをするかどうかを公式サイトで確認をしたところ・・・

買い切りの場合は、微修正の対応は都度しておりますが、
バージョンアップのお約束はございませんので、ご注意ください。
また、8月のAPIの変更については、現在の所未対応となりますので、
ご購入は状況がわかってからをおすすめしております。

と返答が返ってきました。

そのため、大事をとってまだ買い切り版を購入するのは控えた方が良いかと思います。

ただ、月額版の方であればマメにバージョンアップすることを明記していますので、
いずれはAPIの新システムにも対応されることでしょう。

そのため、買い切り版が正式に「Account Activity API」に対応されたことが公表されるまでは、
月額版を選択する方が良いでしょう。

再度繰り返しになりますが、Twitterのフォロワーを増やすことで、ブログへの呼び込みや運営サイトへの集客に役立てることができます。

そこに活用できるツイッターキング2と、
安全に常時実行環境を整えることができる「Ablenet」を是非、私はオススメします!

関連記事

  1. 楽天アフィリエイトが条件緩和!月5000ポイント以上で銀行振込可…
  2. アフィリエイト革命2017は稼げるか?月30万円プレイヤーへの道…
  3. 【アクセス解析】Resuscitation-analyzerが複…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー記事一覧


カテゴリー記事一覧


PAGE TOP