API備忘録

楽天ウェブサービス 楽天APIでアフィリエイトをする方法

楽天APIを使えば、商品情報やランキング情報を取得し、アフィリエイトリンクを作成できます。ここでは楽天ウェブサービスのAPI種類とおススメのAPIをご紹介します。



スポンサードリンク






はじめに


API,WebApi,JSON,xml,php,リクエスト,レスポンス

楽天ウェブサービスを活用すれば、商品紹介のブログや日記ブログに楽天アフィリエイトリンクを張り巡らせることができます。

そんな素敵な楽天APIの種類は下記の通りです。

色んな種類がありますので、ご自分のサイトに合ったAPIを選ぶと良いでしょう。



楽天ウェブサービス


楽天が提供しているAPIは下記の種類があります。

様々な方法で、商品情報やランキング情報などを取得できます。
https://webservice.rakuten.co.jp/document/


楽天市場系API


  • 楽天市場商品検索API:楽天市場の商品の情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天市場ジャンル検索API:楽天市場のジャンル名・ジャンル構造を返すAPIです。

  • 楽天市場タグ検索API:楽天市場のタグ名・タグ構造を返すAPIです。

  • 楽天市場ランキングAPI:楽天市場内のコンテンツ「ランキング市場」の情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天商品コード検索API:楽天市場の商品の商品コードから商品情報を取得することが可能なAPIです。

  • 商品価格ナビ製品検索API:キーワードやジャンルによって楽天プロダクト内の製品を検索することが可能なAPIです。




楽天市場系APIは、楽天市場の商品全般を取り扱えるAPIです。

基本的には楽天市場商品検索API、または楽天市場ランキングAPIくらいの利用が良いかと思います。

あとは、商品価格ナビ製品検索APIは該当商品の販売最安値と販売最高値といった情報も取得できますので、価格検討サイトなどと絡めると良いかもしれません。




楽天ブックス系API


  • 楽天ブックス総合検索API:楽天ブックスの商品情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天ブックス書籍検索API:楽天ブックスで販売されている書籍の情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天ブックスCD検索API:楽天ブックスで販売されているCDの情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天ブックスDVD/Blu-ray検索API:楽天ブックスで販売されているDVD/Blu-rayの情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天ブックス雑誌検索API:楽天ブックスで販売されている雑誌の情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天ブックスゲーム検索API:楽天ブックスで販売されているゲームの情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天ブックスソフトウェア検索API:楽天ブックスで販売されているソフトウェアの情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天ブックスジャンル検索API:楽天ブックスのジャンル名・ジャンル構造を返すAPIです。




楽天ブックスの商品を取り扱いたい場合は、楽天ブックス系APIを利用しましょう。

通常の商品検索APIがあれば、楽天ブックス系APIの必要性をあまり感じないのは私だけでしょうか・・・?
というわけで、私は楽天ブックス系APIは試しもしていないです。




楽天トラベル系API


  • 楽天トラベル施設検索API:楽天トラベルの施設を施設番号、緯度経度、区分コードなどで検索し、施設情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天トラベル施設情報API:施設の詳細情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天トラベル空室検索API:地区コード、緯度経度、施設番号などから予約可能な部屋を検索することができます。

  • 楽天トラベル地区コードAPI:楽天トラベルで用いられる地区コードの情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天トラベルキーワード検索API:楽天トラベルの施設をキーワードで検索し、施設情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天トラベルホテルチェーンAPI:楽天トラベルで用いられるホテルチェーンの情報を取得することが可能なAPIです。

  • 楽天トラベルランキングAPI:楽天トラベル内のコンテンツ「ホテル・旅館ランキング」の一部の情報を取得することが可能なAPIです。




楽天トラベル系の情報を取り扱うならこちらです。

楽天トラベルはアフィリエイト報酬が1%ですが、楽天トラベルは単価が高いので1件あたりの報酬額は高くなります。

旅行系のサイトを持っておられるなら、楽天トラベルAPIの活用がおススメです。



楽天ブックマーク系API


  • お気に入りブックマーク取得API:お気に入りブックマークに登録している商品が取得可能なAPIです。

  • お気に入りブックマーク追加API:お気に入りブックマークに登録する商品を追加可能なAPIです。

  • お気に入りブックマーク削除API:お気に入りブックマークに登録している商品を削除可能なAPIです。


  • 楽天ブックマーク系APIは、訪問者のブックマーク情報を取得することができるAPIです。

    訪問者の情報を読み取るためのアクセストークンなどの取得が必要なので、ちょっと高度かなと思います。
    (私も楽天ブックマーク系APIに取り組みましたが、正常にaccess_tokenを取得できずに中断中。)

    でも、ブックマークの情報から商品アフィリリンクを作り出せます。
    これができると購入率も増えるかと思いますので、是非とも挑戦したいところですね。




    楽天レシピ系API


    • 楽天レシピカテゴリ一覧API:楽天レシピのカテゴリ一覧を取得するAPIです。

    • 楽天レシピカテゴリ別ランキングAPI:楽天レシピのカテゴリ毎のランキングを返すAPIです。



    楽天レシピ系APIは、レシピ一覧が取得できます。

    料理関連のサイトを持っているなら、楽天レシピAPIとの連動もいいかもしれません。

    でも、楽天レシピAPIはアフィリエイトできないので、完全に集客用ですね。



    楽天GORA系API


    • 楽天GORAゴルフ場検索API:楽天GORAのゴルフ場をキーワード、エリア、緯度経度などで検索し、ゴルフ場情報を取得することが可能なAPIです。

    • 楽天GORAゴルフ場詳細API:ゴルフ場の詳細情報を取得することが可能なAPIです。

    • 楽天GORAプラン検索API: 楽天GORAで提供している各ゴルフ場のプランの詳細や空き枠状況などを取得することが可能なAPIです。




    楽天GORA系APIは楽天GORAのゴルフ関連のAPIです。

    楽天GORAの利用者がどの程度かわかりませんので、楽天GORA系APIの活用はいかほどのものか・・・?

    でも、ゴルフ関連は単価が高いので、やってみる価値があるかもしれませんね。



    その他のAPI


    • 楽天ダイナミックアドAPI:ウェブページにマッチする楽天の商品が取得可能なAPIです。

    • 楽天ダイナミックアドAPI トラベル:ウェブページにマッチする楽天トラベルの施設が取得可能なAPIです。

    • 楽天アフィリエイト高料率ショップAPI:楽天市場にてアフィリエイト料率を1.1以上に設定している店舗の情報を取得することが可能なAPIです。




    ダイナミックアドAPIは、ページにあった商品情報を取得したい場合に活用できます。

    指定したURLのウェブページにマッチする楽天の商品情報を取得しますので、商品ジャンルに特化したサイトなどの有効かと思います。




    などなど、楽天ウェブサービスには色々な種類のAPIがありますので、
    ご自分のサイトに適したAPIを選択して、組み込むと良いでしょう。



    楽天ウェブサービスを始めるにはどうしたら良い?





    楽天ウェブサービスを利用するには、楽天の会員に入りアプリIDを発行する必要があります。

    すでに楽天会員の方であれば、アプリIDの発行を行うだけ。

    楽天の会員ではない方は、まずは楽天の会員登録を行いましょう。


    ちなみに、楽天アフィリエイトの報酬は、3000ポイントまでは誰でも付与されます。

    しかし、3001ポイント以上の報酬を得るには、「楽天カードの発行」または「楽天銀行の口座開設」が必要となります。

    そうしないと、3001ポイント以上の報酬が発生しても破棄されます。


    そのため、楽天アフィリエイトに新たに取り込もうと思う方は、すぐに楽天カードの発行か楽天銀行の口座開設を行いましょう。

    くれぐれも忘れずに!





    楽天ウェブサービスでサイトを作ってみた


    以上より、楽天ウェブサービスを活用して、簡単な商品検索ページを作ってみました。


    使ったAPIの種類は、「商品価格ナビ製品検索API」です。

    商品名などで検索すると、その商品の最安値・最高値、レビュー数などの情報を表示します。

    楽天商品検索 – http://wapico.net/src/php/raku.php


    商品画像と商品名にはアフィリエイトリンクを仕込んでいますので、こちらのリンクを踏んで購入してもらえたら報酬が発生します。


    こんな感じで、楽天商品紹介のページをどんどん作ることができますね。

    かに特化ページとか、単価が高くていいかもしれませんね。

    アイデアがあればどんどん量産が可能です。



    スポンサードリンク






    終わりに


    API,WebApi,JSON,xml,php,リクエスト,レスポンス

    楽天ウェブサービスで提供されているAPIの種類をご紹介しました。

    楽天APIでは、リクエストした結果をJSON形式、またはXML形式で取得します。

    その情報を、どのように見せるかが大切です。

    画像や文字が見にくいページから購入しようとは思わないですよね。


    折角、ページを訪問してくれた方に、購入意識を持たせたれるように美しいページ作りを心がけていきましょう。


    実際、そこが難しいのですけどね。
    私もまだまだ勉強の身です。


    以上、「楽天ウェブサービス 楽天APIでアフィリエイトをする方法」でした。






    スポンサードリンク



    関連記事

    1. 無料で提供されたWebAPIはどんなものがある?
    2. WebAPIの知識を身に付ける

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    アーカイブ

    カテゴリー

    カテゴリー記事一覧


    カテゴリー記事一覧


    PAGE TOP